> > ドローンで農薬10分の1に 画像AI解析で害虫特定→ピンポイント散布

ドローンで農薬10分の1に 画像AI解析で害虫特定→ピンポイント散布

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームを提供するオプティム(東京都港区)は、大豆の生育管理にドローンを活用し、病害虫が検知された箇所のみにドローンでピンポイント農薬散布を行う試みを実施した。

そして第三者調査機関により、ドローンを用いて栽培された大豆の残留農薬を検査した結果、残留している農薬が不検出相当であるとの検査結果がでた。


この記事は、たとえば

  • 農業関係者にとって、効率化・省エネ化、農作物の付加価値向上の施策の一例として参考になります。
  • 農業振興策を検討する自治体・政府関係者にとって、ICT活用の最新事例として参考になります。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.