> > 第1回ジャパンSDGsアワード 安倍首相「受賞企業はトップランナー」

第1回ジャパンSDGsアワード 安倍首相「受賞企業はトップランナー」

 印刷 記事を保存

貧困や気候変動など、17分野での国際目標を掲げた国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて、優れた取り組みを行っている企業・団体などを政府が表彰する第1回「ジャパンSDGsアワード」において、北海道下川町が本部長(内閣総理大臣)賞を受賞した。

また、SDGs推進副本部長(官房長官・外務大臣)賞を住友化学(東京都中央区)やサラヤ(大阪府大阪市)などが、SDGsパートナー賞(特別賞)を伊藤園(東京都渋谷区)や東京都の江東区立八名川小学校、福岡県北九州市などが受賞した。

この表彰制度は、全国務大臣を構成員とする「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」が2017年度創設したもの。第1回表彰式は、2017年12月26日に、総理大臣官邸で開催された。

安倍晋三首相は、冒頭の挨拶で、「受賞された皆様は、SDGsの推進を通じて、豊かで活力ある未来像をつくっていくトップランナー。社会的責任を超えた本業として、SDGsに取り組む企業。魅力ある地域社会を、SDGsによって実現する自治体。国内外でSDGsの機運をつくる協同組合や市民社会。SDGsの担い手を育てる大学や小学校。受賞された皆様を始め、今回応募くださった280を超える企業・団体は、いずれもすばらしい取組ばかり。政府のみならず、様々な主体が、知恵と行動を寄せ合う。このパートナーシップこそが、本アワードの、そして、SDGs推進の真髄だと考える」と述べた。

(※全文:1688文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.