> > 宮崎県えびの市の地熱資源調査、ぶじ自噴を確認 助成案件の検証進む

宮崎県えびの市の地熱資源調査、ぶじ自噴を確認 助成案件の検証進む

アストマックス(東京都品川区)の連結子会社アストマックス・トレーディング(ASTRA社/東京都品川区)は2月6日、2017年6月より取り組んでいた尾八重野地域地熱資源量の把握のための調査事業について、調査井(1号井)の自噴(地下水が自然に地上に噴出すること)を確認した。

同事業は、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC/東京都港区)による「平成29年度地熱資源量把握のための調査事業費助成金交付事業」に採択され、宮崎県えびの市にて、2014年度からの継続案件として実施しているもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.