> > 障碍者の雇用率アップのニーズに対応、植物工場を導入する企業

障碍者の雇用率アップのニーズに対応、植物工場を導入する企業

 印刷 記事を保存

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは2018年1月25日、株式会社スタートラインが運営する植物工場「農園型障がい者雇用支援サービスIBUKI」を導入し、障碍者の雇用を促進していく。

2018年4月より精神障碍者の雇用が義務化され、障碍者法定雇用率も引き上げとなる。


この記事は、たとえば

  • 障碍者の雇用義務について検討する企業内担当者にとって、他社の導入事例として参考になります。
  • 植物工場のオーナーにとって、ビジネススキームの参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する企業にとって、新たなニーズに対応した事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.