> > パナソニック、LED非常用照明器具の品揃えを拡充

パナソニック、LED非常用照明器具の品揃えを拡充

パナソニックエコソリューションズ社(大阪府門真市)は4月1日より、LED非常用照明器具 電源別置型の品ぞろえを拡充し、新たに5品番を順次発売する。

非常用照明器具は、停電した時にすみやかに避難できるように、室内や通路に設置する照明器具。新しく追加するのは、埋込型高照度タイプ、直付型、iDシリーズ同断面。今回、製品の追加により、同シリーズは合計7品番の品ぞろえとなる。同シリーズの主な特徴は以下の通り。

省エネ・省スペース

LED光源を採用することで、従来のハロゲン電球と比較して、消費電力の容量は45Wから約6.6Wに下がるなど、約6分の1に抑えられるという。また、蓄電池や自家用発電装置、幹線容量など予備電源設備に求められる容量が大幅に削減されるため、設備の省スペース化が可能だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.