> > 砂漠の洪水を灌漑用水に変える新システム 京大がヨルダンで試験運用へ

砂漠の洪水を灌漑用水に変える新システム 京大がヨルダンで試験運用へ

京都大学大学院(京都府京都市)農学研究科 宇波耕一准教授とムタ大学(ヨルダン)のOsama Mohawesh教授の国際研究グループは3月8日、ヨルダンの乾燥地域において洪水を灌漑用水に変えるシステムのプロトタイプを構築し、厳密な数学的根拠に基づく最適戦略によって貯水池の運用を開始したと発表した。

同研究グループは、砂漠の洪水を収集して貯水池に蓄え、灌漑用水に変換するシステムを提案、そのプロトタイプ(試作品)をヨルダンの乾燥地域に実際に構築した。

このプロトタイプは、水理学や水文学、特に数値流体力学の知見に基づいて設計、施工を行っている。水資源利用工学と解析学の学際的研究の成果としては、厳しい環境下での水資源開発でもこのプロトタイプが実現可能な選択肢であることを確認した。

(※全文:1301文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.