> > 米国、水不足で下水再利用すすむ 下水飲料化施設に東レの濾過膜

米国、水不足で下水再利用すすむ 下水飲料化施設に東レの濾過膜

東レ(東京都中央区)は3月19日、アメリカサンディエゴ市に建設する同国最大規模の下水飲料水化施設向けに、中空糸限外濾過(UF)膜「トレフィル®」を受注したと発表した。

今回、同設備でUF膜が処理する水量は、1日あたり約15万立方メートル。2021年の設備稼働開始予定に合わせ、2019年頃から同モジュールの出荷を開始する予定。

逆浸透膜処理の前工程として汚濁物などを除去

下水を飲料水に再生させるためには、オゾン処理・活性炭処理・逆浸透(RO)膜処理・紫外線殺菌など何重にも処理しなければならない。

(※全文:981文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.