> > 新開発の「太陽光バイオ燃料電池」 CO2を吸収しながら太陽光発電

新開発の「太陽光バイオ燃料電池」 CO2を吸収しながら太陽光発電

 印刷 記事を保存

大阪市立大学(大阪府大阪市)は、藻類の一種であるスピルリナの酸素発生型光合成機能による太陽光エネルギーを利用して、水を原料にしてCO2を削減しながら発電し、同時に蟻酸を生成する機能を持つバイオ燃料電池の開発に成功した。

この研究は、CO2を含む溶液中で光合成膜固定電極と蟻酸脱水素酵素固定電極とを連結した装置に、可視光を光合成膜固定電極に照射すると回路に一定の電流が流れ、一方、蟻酸脱水素酵素固定電極上では二酸化炭素が還元されて蟻酸が生成することを見出したもの。なお、電流は55マイクロアンペア(μA)を計測した。

今後、CO2を「排出ではなく利用し削減」しながらエネルギーを創出する究極のバイオエネルギー創製機能を持つ太陽電池への展開が期待されている。

藻類機能をデバイス化した多機能性バイオ燃料電池

同研究では、濃緑色単細胞微細藻類の一種であるスピルリナの水中における効率的な酸素発生型光合成機能に着目。スピルリナ由来の光合成膜を固定した電極と蟻酸脱水素酵素を固定した電極とを連結し、可視光照射により、発電しながら同時にCO2を削減し、蟻酸の生成を可能とした。これにより藻類機能をデバイス化した斬新で革新的なバイオエネルギー創成多機能型太陽電池の構築に成功した。

(※全文:1351文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.