> > 浮体式洋上風力発電の設置を低コスト化する「半潜水型」のスゴイ船が完成

浮体式洋上風力発電の設置を低コスト化する「半潜水型」のスゴイ船が完成

 印刷 記事を保存

環境省は5月7日、「低炭素型洋上風力発電低コスト化・普及促進事業」(事業期間:2016~2018年度)において建造を進めていた浜出船(半潜水型スパッド台船)が完成したと発表した。完成披露式典は、5月12日(土)に長崎県五島市の福江港で実施される。

船の名前は、「FLOAT RAISER(はたあげ)」。陸上で建造した浮体を岸壁から積込み、海上に浮かべるための船舶だ。全長110メートル、載貨重量約13,500トン。同省の補助事業の実施者であるオフショアウィンドファームコンストラクション(東京都中央区)が、2016年度より設計・建造を進めてきた。

(※全文:777文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.