> > 植物工場を活用した「障がい者雇用支援サービス」、第2ファーム開設

植物工場を活用した「障がい者雇用支援サービス」、第2ファーム開設

 印刷 記事を保存

株式会社スタートラインは植物工場施設を活用した「屋内農園型障がい者雇用支援サービス IBUKI(イブキ)」において、 2018年5月7日に第2ファームを埼玉県戸田市にオープンした。

2018年4月の法定雇用率引き上げに伴い、障がい者雇用の拡大が見込まれる中、雇用ノウハウを持たない企業にとっては、障がい者の採用はもちろんのこと、障がい者にどのような業務を任せるか、雇用後の定着といった部分に大変な困難を伴う。


この記事は、たとえば

  • 障がい者を雇用する事業者にとって、任せる業務の事例として参考になります。
  • 植物工場のオーナー事業者にとって、従業員の雇用方法として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.