> > 福島県・阿武隈地域の風力発電、さらに3事業で本公募へ

福島県・阿武隈地域の風力発電、さらに3事業で本公募へ

 印刷 記事を保存

福島県は5月16日、阿武隈地域で風力発電を行う事業者の「本事業者選定公募」を開始した。

同事業は、風力発電計画の実現可能性、地域経済への貢献策、環境対策などに優れた事業者を選定し、環境調査、合意形成、計画の熟度を高める作業などに時間をかけて取り組み、風力発電の優良事例の実現を目指すとともに、「福島新エネ社会構想」などの広域的な計画との整合を図り、計画的・効果的な推進体制を形づくろうとするもの。

対象となる地域は、A、B、C区域の3つに分かれる。ただし、各区域においては、すでに仮事業者が公募によって選定されており、各仮事業者は、同計画の許認可手続きや住民説明会を行い、事業の実施について詳細な計画を立てる役割を担っていた。また、事業者の公募にあたっては、はじめに仮事業者を選定し、計画の熟度が高まった段階(年度末を目途)で本事業者を選定することとしている。

今回は、次の3地域について本事業者を選定する。各地域の仮事業者(既仮事業者)などは以下の通り。

(※全文:1513文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.