> > 「画像認識+赤外線センサ+明るさセンサ」の新型照明制御システム

「画像認識+赤外線センサ+明るさセンサ」の新型照明制御システム

東芝ライテック(神奈川県横須賀市)は、画像認識技術で人の動きを検知し、自動的な照明のオン・オフや調光を行うことができる照明用センサーに「明るさセンサー機能」「赤外線センサー」を追加した新モデル「スマートアイセンサーライト」を発売する。販売開始は2018年6月1日、希望小売価格は11万円(税別・センサー単体の価格)。

省エネ・省施工性を重視

同社は発表のなかで、新モデルの特長について次の4点を挙げている。

(※全文:958文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.