千葉県銚子市、地域新電力会社を設立 漁港関連の電力を再エネでカバー

  • 印刷
  • 共有

Looop(東京都台東区)は5月23日、千葉県銚子市、エックス都市研究所(東京都豊島区)と、エネルギーの地産地消を目指した「銚子新電力株式会社」の共同設立に関する基本協定を締結し、同日協定書への調印式を行った。

「銚子新電力株式会社」の立ち上げは、銚子市の水産関連事業者の電力消費量に対するエネルギーコストへの課題を解決し、さらなる地域活性化へとつなげていくための取り組みとして位置付けられるもの。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事