> > 2018年度版「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」閣議決定 

2018年度版「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」閣議決定 

 印刷 記事を保存

政府は6月5日、2018年版「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」を閣議決定し、国会に提出した。

本白書のテーマは、「地域循環共生圏の創出による持続可能な地域づくり」。第五次環境基本計画(2018年4月閣議決定)で提唱した「地域循環共生圏」の創造に向けて、地域資源を持続的に活用することで地域に活力をもたらす取組みや、ライフスタイルの転換に向けた取組みなどについて、日本ですでに始まっている先進的な取組み事例などを紹介している。

全体は、第1部・総合的な施策などに関する報告、第2部・各分野における2017年度の施策などに関する報告で構成される。

パラダイムシフトとなるのは「SDGs」「脱炭素化・適応」

この白書では、持続可能な社会に向けたパラダイムシフトとして2つ挙げる。ひとつは、2015年の国連総会で、2030年の世界目標として採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」だ。SDGs達成には、環境・経済・社会の統合的向上が求められる。日本でも2017年に、報告性や取組みなどを盛り込んだ「SDGsアクションプラン2018」を決定。自治体・企業でも、SDGsの取組みが進展している。

(※全文:1948文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.