> > 北海道室蘭市、水素サプライチェーン構築の実証開始 産学官7者が参画

北海道室蘭市、水素サプライチェーン構築の実証開始 産学官7者が参画

日本製鋼所(東京都品川区)は6月21日、大成建設(東京都新宿区)を代表企業として、北海道室蘭市、九州大学(福岡県福岡市)、室蘭工業大学(北海道室蘭市)、巴商会(東京都大田区)、北弘電社(北海道札幌市)と共同で、水素の製造・貯蔵・運搬・移送・利用までのサプライチェーンを構築する実証事業を行うと発表した。

同実証事業は、環境省が公募した「平成30年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」で同グループが提案した「建物及び街区における水素利用普及を目指した低圧水素配送システム実証事業」に採択されたことを受けて行うもの。実証期間は、2018年度〜2019年度。

風力発電→水電解→吸蔵合金→温浴施設→燃料電池

実証ではまず、北海道室蘭市が所有する祝津風力発電所で発電した電気を使い、水電解水素製造装置で水素を製造、車載用コンテナに収納した水素吸蔵合金(MH)タンクに貯蔵する。

(※全文:1113文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.