> > 小さなビニールハウスの収量を108倍に? 縦型水耕栽培装置

小さなビニールハウスの収量を108倍に? 縦型水耕栽培装置

独自の縦型水耕栽培装置(バイグロウタワー)を推進し、農業ベンチャーを手掛けるグリーンリバーホールディングス(福岡県福岡市)は、縦型水耕栽培装置関連の特許を5件取得し、2018年5月より全国で同システムの販売を開始した。

同社が開発したバイグロウタワー(BI‐Grow towers)とは、アメリカで開発された縦型水耕栽培装置をベースとした葉菜類栽培装置であり、これに独自の栽培ノウハウからなる新たな技術を取り入れたもの。


この記事は、たとえば

  • 農業関係者にとって、生産方法の効率化・収量増加の施策の一例として参考になります。
  • 植物工場のオーナー事業者にとって、導入を検討するツールとして参考になります。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の事例として参考になります。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.