> > 新潟県、下水汚泥のバイオガス熱電併給を農業に イチゴやワサビなど栽培

新潟県、下水汚泥のバイオガス熱電併給を農業に イチゴやワサビなど栽培

 印刷 記事を保存

新潟県と長岡技術科学大学が連携して準備を進めてきた、下水からの資源・エネルギーを活用して、イチゴやワサビといった高付加価値植物や藻類などの栽培を行う実証プラントが2018年6月13日に完成した。

2018年6月27日には見学会を開催、報道にも公開され、「約70名の関係者と12社の報道機関から出席があった」という。同プロジェクトに参画・協力している団体は以下。


この記事は、たとえば

  • 植物工場や施設農業を運営する事業者にとって、導入を検討する設備の参考になります。
  • 下水処理施設の有効活用を考える自治体関係者にとって、活用事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.