> > 植物工場を運営する企業、収穫した野菜をそのまま食べられる店舗オープン

植物工場を運営する企業、収穫した野菜をそのまま食べられる店舗オープン

 印刷 記事を保存

グループ内にて植物工場による野菜の生産、流通、ブランド化、販売を手がけるトレード(京都市下京区)は、外食事業初参入となる、総合「食」業態のデリカテッセン「nonahan~のなはん~」を、2018年8月1日にOPENする。

店舗では、グループ会社が生産する植物工場野菜「ベジタス」から、好きな種類のレタスを選び、目の前で調理した新鮮なサラダを楽しむことが出来る。同社の野菜流通業界においての強みを活かし、野菜の魅力を「食」を通じて京都から世界に日本の食文化を広めることを目指す。


この記事は、たとえば

  • 飲食業界の調達部門担当者にとって、葉物野菜等の調達手段として参考になります。
  • 植物工場を運営・検討している事業者にとって、6次産業化の事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.