> > 中国電力、太陽光発電も接続可能量オーバー 今後接続する設備はずっと無補償

中国電力、太陽光発電も接続可能量オーバー 今後接続する設備はずっと無補償

 印刷 記事を保存

中国電力(広島県広島市)は7月11日、太陽光発電設備の接続済と接続申込済量が、年間360時間までの出力制御枠(30日等出力制御枠)が適用される、接続可能量660万kWに到達したと発表した。

このため、2018年7月12日以降に、同社送配電系統への太陽光発電設備の接続契約申込みを行う事業者は、指定電気事業者制度のもと、年間360時間を超えた無補償での出力制御に同意することを前提に接続が可能となる。

同社は3月、太陽光発電設備の接続済・接続申込済量が合計648万kW(3月9日時点)に達しており、近いうちに「30日等出力制御枠」に到達することが予想されると発表していた。

(※全文:905文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.