> > スーパーの屋上に太陽光発電+植物工場 毎朝8時収穫、1時間後には店頭販売

スーパーの屋上に太陽光発電+植物工場 毎朝8時収穫、1時間後には店頭販売

 印刷 記事を保存

ベルギー・ブリュッセルにて、アホールド・デレーズのグループが2017年10月より開始した「小売スーパー統合型」屋上ファームの収穫がこの夏、ピークをむかえている。

同社では、2017年10月よりベルギー・ブリュッセルのスーパー1店舗にて屋上ファームの実証を開始。2017年は5種類のレタス、ベビーリーフやクレソンなども栽培し、約5,200株を定植・収穫した。


この記事は、たとえば

  • 食品を販売している小売・飲食業界にとって、他社事例として参考になります。
  • ビルや施設などをもつ事業者・自治体関係者にとって、屋上の活用方法として参考になります。
  • 太陽光発電関連の製品・サービスを取り扱う企業にとって、他ビジネスとの組み合わせ事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.