> > 車検のせいでプリウスの寿命は5年? 九州大学の調査、新制度の必要性に一石

車検のせいでプリウスの寿命は5年? 九州大学の調査、新制度の必要性に一石

 印刷 記事を保存

九州大学は7月25日、自動車車検制度による経済寿命の変化がCO2排出量に与える影響を推計することに成功し、車検制度の見直しがCO2排出削減に寄与することを解明した。科学的な証拠に基づいた自動車政策の見直しが必要と結論づけている。

この結果は、計量経済学分野で発展してきた「動的離散選択分析」と産業エコロジー分野で発展してきた「動的ストック・フロー分析」を組み合わせ、新たな解析手法によって可能になったものだ。

エコカーに焦点を当て調査

同研究では、エコカーの代表であるトヨタのプリウスに焦点をあて、プリウス所有者が買い替えを選択する確率を動的離散選択分析をもとに推計した。

(※全文:925文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.