> > NEDO、風力発電の故障予知システムを開発へ 稼働率97%以上をめざす

NEDO、風力発電の故障予知システムを開発へ 稼働率97%以上をめざす

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月23日、風力発電設備の稼働率向上に向けたデータベースシステムの開発に着手すると発表した。また同時にその委託予定先も発表した。

この事業の名称は「風力発電等技術研究開発/風力発電高度実用化研究開発/風車運用高度化技術研究開発」。同事業は、まず風車の運用データや故障・事故情報を収集・蓄積するデータベースシステムを構築。さらに人工知能(AI)を用いて故障の事前予知の情報や過去事例を分析し、故障・事故からの早期復旧に関する情報などを提供するアプリケーションを組み込んだデータベースシステムを開発するもの。

これにより、風車の停止時間(ダウンタイム)と運転維持コストを低減させ、風車稼働率を現状の87%から97%以上に向上させることを目指す。

(※全文:1500文字 画像:なし 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.