> > 日産、東京都練馬区と協定 「災害時には試乗車EVを無償貸与」など

日産、東京都練馬区と協定 「災害時には試乗車EVを無償貸与」など

 印刷 記事を保存

日産自動車(神奈川県横浜市)は9月6日、同社の販売会社2社と共同で、電気自動車(EV)を活用した災害時における電力供給に関する協定を東京都練馬区と締結した。

協定の内容は、「災害が発生した際、練馬区内の日産販売会社店舗で試乗車として配備しているEVを、練馬区に無償で貸与する」、「練馬区は、日産販売会社店舗に設置しているEV用急速充電スタンドを優先して利用できる」というもの。

今回の協定は、日産自動車と東京日産自動車販売(東京都品川区)、日産プリンス東京販売(同)が、2018年6月に練馬区が区所有の電気自動車を導入したことに加え、区民や事業者が所有するEV等を災害時の避難拠点の電源として活用する「災害時協力登録車制度」の取り組みに賛同したことにより締結に至った。

(※全文:1175文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.