> > 下水から採れた水素ではしる!燃料電池小型トラック 福岡で公道実証スタート

下水から採れた水素ではしる!燃料電池小型トラック 福岡で公道実証スタート

 印刷 記事を保存

東京アールアンドデー(東京都千代田区)は、データ収集を目的に燃料電池小型トラック(FCV)の公道実証試験を福岡県福岡市で10月より開始する。

同実証実験は、環境省の委託事業「平成28年度 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」における「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」として実施するもの。

共同事業者は、ピューズ(東京都千代田区)、福岡市、天神地区共同輸送(通称:イエローバード/福岡県福岡市、天神地区におけるエリア共同配送で低環境負荷に取り組む)。従来型ディーゼル車に対して燃費1.75倍を目標とする燃料電池小型トラックの技術開発を行い、車両の基本性能や実用性などの実証を経て、普及の基本型となるトラックを実現する。さらに、量産手法の確立と各車型への展開を通じてCO2排出削減を実現する。

実証期間は10~12月までの約3カ月間。同社によると、燃料電池小型トラックの公道実証は国内で初めて。実証では、同事業で開発した車両を利用して、福岡市内で配送業務を行い、実運用でしか得られない車両のデータ収集・評価を進め、今後の技術開発に活用する計画だ。

(※全文:1035文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.