> > 九電、下げ調整力不足で地域間連系線を活用 再エネ電力増加で今秋は出力制御も

九電、下げ調整力不足で地域間連系線を活用 再エネ電力増加で今秋は出力制御も

 印刷 記事を保存

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は10月1日、九州電力(福岡県福岡市)より要請を受け、初めて下げ調整力不足に対する地域間連系線の活用した周波数調整を行ったと発表した。

同件では、9月30日、九州電力より下げ調整力不足時の対応として長周期広域周波数調整の要請を受けた。そのため、対象連系線の未利用領域(空容量)を活用して、九州エリアの再生可能エネルギー発電設備の発生電力を中国以東のエリアへ送電するため、関西電力(大阪府大阪市)や中国電力(広島県広島市)などに、長周期広域周波数調整を要請した。

この長周期広域周波数調整は、供給区域の下げ調整力が不足、または下げ調整力が不足するおそれのある場合に、連系線を介して他の供給区域の一般送配電事業者の調整力を活用して行う周波数調整のことをいう。

(※全文:947文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.