> > 西日本豪雨災害でも、病院の照明を12日間確保した太陽光発電+蓄電システム

西日本豪雨災害でも、病院の照明を12日間確保した太陽光発電+蓄電システム

 印刷 記事を保存

PDジャパン(長野県長野市)は10月10日~12日、太陽光発電と蓄電システムを組み合わせた製品「MSD-BOX」を、東京ビッグサイトで行われる「危機管理産業展 RISCON 2018」に、開発元であるイシダ事務機(同)と共同出展する。

同製品は、日中は太陽光エネルギーで発電し、夜間はバッテリに蓄えた電気を利用する環境エネルギーシステム。不足分のみを商用電力など外部から受電する。また、交流・直流を問わず、複数の受電系統をリミックスし、システム内に「電気のダム」を構築する。この「パワー・ストッカー技術」により、「ダム」の電気が枯れない限り、極限まで高確率で給電し続けるよう設計されている。

同製品の特長は下記の通り。

(※全文:1472文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.