> > 廃食用油からバイオディーゼル燃料 佐賀市、実証・FS調査事業を公募

廃食用油からバイオディーゼル燃料 佐賀市、実証・FS調査事業を公募

 印刷 記事を保存

佐賀県佐賀市は10月18日まで、二酸化炭素の排出削減を図るため、廃食用油から製造するバイオディーゼル燃料の高品質化に向けた実現可能性調査(F/S調査)を実施する事業者を公募する。

事業名は「佐賀市廃食用油の高品質燃料化技術実証および実現可能性調査業務」。事業期間は契約締結日から2019年2月28日(木)まで。事業費の予算上限額は6,845,000円(税込)。

この事業の内容は基本的には以下の通り。ただし、受託者は必要とする独自の提案や調査などを追加・補足できる。

(※全文:1633文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.