> > 水処理のクリタ、工場排水の再生サービス開始 浄化装置を敷地内に設置

水処理のクリタ、工場排水の再生サービス開始 浄化装置を敷地内に設置

 印刷 記事を保存

栗田工業(東京都中野区)は11月5日、水資源を有効活用するため、工場で発生する多種多様な排水を回収し、製造工程等で再利用可能な水質まで浄化した水「再生水」を供給する新たなサービスを開始したと発表した。

このサービスは、同社が新開発した標準型排水回収システム「CORR®システム」を、同社資産として顧客の敷地に設置し、運転管理からメンテナンスまで全てを同社が請け負うもの。これにより、顧客が求める水量、水質の「再生水」を供給水量に応じた料金で提供するとともに、IT・センシング技術を活用した遠隔監視を行うことで消耗品の洗浄・交換時期を予測して運転管理とメンテナンスを最適化する。

また、すでに展開している同社の純水供給サービス「KWSS®」と組み合せることで、純水の供給から排水の回収と再利用まで工場全体の水処理プロセスにおけるトータルコスト削減にも寄与することができるという。

(※全文:1396文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.