> > 経産省「冬季雷の前に、風力発電の点検強化を」 業界団体に周知依頼

経産省「冬季雷の前に、風力発電の点検強化を」 業界団体に周知依頼

経済産業省は11月9日、事業用風力発電設備に対する冬季雷前の点検強化を周知するため、日本風力発電協会(東京都港区)などに周知依頼の通達を行った。

この依頼の中では、雷被害防止対策として、大型風車のオーナに対して冬季雷による被害を受ける時期までに、設置者各々の責任において風車のブレードとレセプター、引き下げ導体等の入念な点検を実施するとともに、必要に応じて補修を行うことを求めている。

雷撃被害が増加、対策を強化へ

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の施行以降、発電用風力設備が増加しており、これまで、雷撃を受けた風車のブレードが折損して発電所構外へ飛散したり、雷撃により風車が焼失したりする事故が起きている。

(※全文:1444文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.