> > 愛媛大学中心のコンソーシアムが拡大 AIを活用し植物工場での生産を最適化

愛媛大学中心のコンソーシアムが拡大 AIを活用し植物工場での生産を最適化

植物工場やセンサー・AI技術など最新技術の実証開発を行う愛媛大学を中核機関とした産学連携コンソーシアムが、新たに3法人を加え、拡大させる。

同コンソーシアムでは、農林水産省の委託プロジェクト研究「人工知能未来農業創造プロジェクト」にて「AIを活用した栽培・労務管理の最適化技術の開発」に昨年度、採択された。

10機関がコンソーシアムを構成し、農林水産省の委託プロジェクト研究「ai tomato(あいとまと)」を平成30年10月より拡大させ、技術開発を開始した。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを取り扱う事業者にとって、参画を検討するアライアンスとして参考になります。
  • 植物工場などを運営する事業者にとって、将来的に導入する新技術の動向として参考になります。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.