> > あの石灰石が主原料の紙「LIMEX」、レジ袋に プラスチック代替ニーズに

あの石灰石が主原料の紙「LIMEX」、レジ袋に プラスチック代替ニーズに

 印刷 記事を保存

TBM(東京都中央区)は12月11日、同社が開発したプラスチック代替素材であるLIMEX(ライメックス)製とPlax製のレジ袋などを、2019年春ごろから製品化する予定だと発表した。

今回発表されたレジ袋、ゴミ袋、ショッパー(ショッピングバック)は、主原料の石灰石とバイオ由来の生分解性樹脂から構成される「生分解性LIMEX」から作られたものと、100%バイオ由来の新素材「改質ポリ乳酸コンパウンドPlax」から作られたものの2種類。

このLIMEX製のレジ袋等は、従来のポリ袋と比較して石油由来原料の使用を大幅に削減し、資源枯渇、環境汚染問題に貢献する。また、Plax製のレジ袋等は、生分解性樹脂と石灰石を配合した袋で、コンポスト環境下で石灰石と水と二酸化炭素に分解され、環境汚染問題に貢献することができる。

(※全文:1909文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.