> > 電力・水道・ガスのデータをスマートメーターで一元管理 中部電力が実証実験

電力・水道・ガスのデータをスマートメーターで一元管理 中部電力が実証実験

中部電力(愛知県名古屋市)などは、低コストで効率的な通信ネットワーク構築の実現を目的に、静岡県浜松市において、12月12日から2019年2月まで、電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データの遠隔収集に関する実証実験を実施すると発表した。

この実証実験では、浜松市内の戸建住宅に設置された電力・水道・都市ガス・LPガスの各メーターのデータ等を一元的に収集・管理するデータ収集システムの構築・検証を行う。また、収集されたデータを用いて、より快適で便利な市民生活につながるデータ利活用・サービス提供の検討も進めていく。

同実証実験は、中部電力、浜松市、三菱商事(東京都千代田区)、生活関連企業を手がけるサーラグループの中核会社で都市ガス事業を手掛ける中部ガス(愛知県豊橋市)とLPガス事業者のガステックサービス(同)が、それぞれが保有するインフラや知見を組みあわせ、連携して実施する。

(※全文:1053文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.