> > ミニストップ、デジタルグリッドの電力融通決済システムの実証に参加

ミニストップ、デジタルグリッドの電力融通決済システムの実証に参加

 印刷 記事を保存

イオングループのミニストップ(千葉県千葉市)は12月13日、災害時の電力融通も視野に、デジタルグリッド(東京都千代田区)が環境省から受託した、ブロックチェーン技術を活用して再生可能エネルギー導入を促進する実証事業に、2019年4月より参加すると発表した。

この実証事業は、系統(電線)と切り離された地域を作ることにより、再生可能エネルギーの発電を最大限生かすことを目的としている。同時に、再生可能エネルギーの有効活用による低炭素化を図るとともに、災害時の電力の自立運営を目指す。また、ブロックチェーンを用いた電力融通決済システム上にて、仮想的な電力融通取引を行う。

この実証事業は、デジタルグリッドとともに、イオングループでファシリティマネジメント事業を展開するイオンディライト(大阪府大阪市)が実施する。実証期間は2019年4月~2020年3月。実証実験には、埼玉県・浦和美園地区のイオンモール浦和美園や、スマートコミュニティ街区の戸建て住宅、さいたま市内のミニストップ5店舗が参加する。

(※全文:1283文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.