> > ハウステンボスの「変なホテル」、フィルム型太陽電池を導入 看板照明に活用

ハウステンボスの「変なホテル」、フィルム型太陽電池を導入 看板照明に活用

ハウステンボス(長崎県佐世保市)は、「変なホテル ハウステンボス」を新たに増床し、12月21日に第3期棟「サウスアーム」56室をオープンした。

同ホテルは、生産性の高いホテルの実現を目指し、2015年7月にオープンした。具体的にはロボットによる接客や、建設コストの削減を企図した工法の導入、省エネルギー化などに取り組んだ。今回の増床により、同ホテルは全200室となった。同ホテルのロボット台数は15種127台、スタッフ数は8名。

フィルム型太陽電池で看板の照明を自給自足

新しくオープンした棟の特長は、下記の通り。

(※全文:763文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.