> > 高効率が期待される「中間バンド型太陽電池」、新しい作成技術の開発成功

高効率が期待される「中間バンド型太陽電池」、新しい作成技術の開発成功

 印刷 記事を保存

花王(東京都中央区)マテリアルサイエンス研究所などの研究グループは1月10日、高エネルギー変換効率が期待される中間バンド型太陽電池を、液相法(液体状態から結晶成長させる方法)で作製する技術の開発に成功したと発表した。

この研究開発は、持続可能社会の実現のための太陽光エネルギーの有効利用の観点から、同研究所と東京大学先端科学技術研究センター、九州工業大学大学院生命体工学研究科が産学連携で行ってきたもの。

同発表によれば、液相法により作製する技術開発は世界初。また、3者の研究グループはこの研究成果について、安価・軽量・フレキシブルな高エネルギー変換効率太陽電池の研究開発を加速し、持続可能社会の早期実現に貢献できると考えている。

「気相法」から「液相法」への転換で太陽電池を安価に

近年、高エネルギー変換効率が期待される太陽電池として、中間バンド型太陽電池が注目されている。

この中間バンド型太陽電池には、バルク(母体)半導体中にナノサイズ半導体(量子ドット)を高密度充填したナノ構造体(光吸収層)が必要である。

従来、このナノ構造体は、超高真空下で基板上に原子1層ずつの単結晶の膜を成長させるエピタキシー法などの「気相法」で作製されてきた。

(※全文:1530文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.