> > 戸田建設もRE100加盟 事業用電力を2050年までに100%再エネ化

戸田建設もRE100加盟 事業用電力を2050年までに100%再エネ化

戸田建設(東京都中央区)は1月18日、CO2排出量削減などのため、環境イニシアチブの「RE100」に加盟したと発表した。なお、RE100とは、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が加盟する国際イニシアチブのこと。

加盟に際し、同社は、事業運営における再生可能エネルギー電力の使用比率を2040年までに50%、2050年までに100%とする目標を示した。

今後、この目標の達成に向けて、再生可能エネルギー証書などを活用し、再エネ利用率を高めていく。また、同社が発電事業者の一員として出資している大規模太陽光発電所(メガソーラー)固定価格買取制度(FIT)終了後の電力の一部を自社消費にあてることを検討していく。

(※全文:821文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.