> > NEDO、「CO2を排出しない水素製造技術」の調査事業を公募

NEDO、「CO2を排出しない水素製造技術」の調査事業を公募

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月21日、「多様な水素化合物等からの二酸化炭素を排出しない水素製造技術調査」事業について実施者の公募を開始した。公募期間は2月20日まで。また、この公募に関する説明会を1月25日に開催する。

「安価で大量に製造できる」ことが必要

この事業では、多様な水素化物等を水素源として安価かつ大量の水素を製造する、基礎的な実験等の研究開発を含む二酸化炭素を排出しないコア技術の可能性を調査する。

この調査事業においては、エネルギー収支、効率、技術成立性、経済性、水素製造時に副生される固体炭素等の有効活用法を検討する。たとえばメタン熱分解水熱分解、バイオマスや微生物利用技術、その他水素源からの水素製造など、多様な技術を想定する。

(※全文:1272文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.