> > ソフトバンクが新たな災害対策 全国のショップに蓄電池導入、避難所に

ソフトバンクが新たな災害対策 全国のショップに蓄電池導入、避難所に

 印刷 記事を保存

ソフトバンク(東京都港区)とウィルコム沖縄(沖縄県那覇市)は、災害対策の一環として、全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップへの災害対応蓄電池の配備と、全国の事業所などへの「避難所支援キット」などを、2019年3月末までに配備する。

両社は、2018年9月に起こった北海道胆振東部地震で広域停電が発生したことなどから、スマートフォンなどを同時に複数台充電できる蓄電池を全国のショップ(※一部の商業施設内および家電量販店内の店舗を除く)に配備し、停電時でも充電サービスを提供できるよう、対策強化を図る。

(※全文:565文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.