> > 日本発「家庭用エアコン ⇔ HEMS間通信規格」、ISO/IEC国際標準化へ

日本発「家庭用エアコン ⇔ HEMS間通信規格」、ISO/IEC国際標準化へ

 印刷 記事を保存

経済産業省は2月6日、日本が新業務項目提案(NP)を行った「家庭用エアコン・HEMSコントローラー間アプリケーション通信インターフェース(AIF)仕様書」が、ISO/IEC合同専門委員会(JTC1)に承認されたため、国際標準開発が開始されることになったと発表した。

日本発のこの国際標準が成立・発行され、家庭用エアコンがこの標準に基づき普及すれば、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)の導入が国内外で促進され、世界的な省エネルギーに貢献できると期待が寄せられている。また、国際市場における日本製品の優位性向上や、関連するサービス事業の市場拡大も見込まれる。

さらにこの提案では、家庭用エアコンとHEMSコントローラーを接続する際の相互接続性や信頼性を確保するために、通信プロトコルだけでなく、通信上の機器の動作を含めて基準を定めている。

(※全文:1083文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.