> > 日産などのVCファンド、中国のEV充電プラットフォーム企業に投資

日産などのVCファンド、中国のEV充電プラットフォーム企業に投資

日産自動車(神奈川県横浜市)などのベンチャーキャピタルファンドであるアライアンス・ベンチャーズは2月18日、電気自動車(EV)用充電プラットフォームを手掛けるパワーシェア社(中国)へ投資すると発表した。投資金額に関する情報は開示されていない。

パワーシェア社は、自動車業界向けに最先端の次世代システムを手がける新興企業。EV、充電スポット事業者、電力事業者をつなぐオンラインプラットフォームを提供し、充電プロセスを効率化する事業を手がけている。

たとえば、同社が提供するクラウドベースシステムを通じて、充電スポット事業者はEVからの電力需要量と電力グリッドの供給能力を監視することができる。またEV利用者は利用可能な充電スポットを見つけることが可能になる。アライアンス・ベンチャーズは、これらを評価し、初期段階の技術開発、起業家などを支援する最も新しい取り組みとして、投資ポートフォリオに組み込んだ。

(※全文:1401文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.