> > カメラ搭載のAI栽培管理システム 植物工場の米ベンチャーが750万ドル調達

カメラ搭載のAI栽培管理システム 植物工場の米ベンチャーが750万ドル調達

米国シアトルを拠点とするベンチャー企業「ユーニュー社」は、施設園芸・植物工場の栽培管理システムを開発。事業拡大のため、Bootstrap LabsやNCT Venturesから750万ドルの資金調達を実施した。

同社のメイン事業は、ルナというAIシステムの開発である。ルナシステムでは、施設の天井部に設置されたレール上を自律的に移動して、撮影するカメラ装置が導入されている。


この記事は、たとえば

  • 植物工場や農業を手掛ける事業者にとって、導入するシステムの情報として参考になります。
  • 植物工場や農業関連メーカーにとって、競合他社製品の動向として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.