> > 業務用ポータブル蓄電池のニーズ高まる 北海道の大規模停電がきっかけに

業務用ポータブル蓄電池のニーズ高まる 北海道の大規模停電がきっかけに

シーンズ(東京都新宿区)は3月7日、2018年の北海道地震による道内全域で起きた停電を契機に、2018年度の業務用ポータブル蓄電池の売上が昨年度対比で8.9倍に急増していると発表した。

販売数は、2017年度の126台に対し、2018年度は1,116台(3月納入予定含む)。災害時のスマホ充電や電気器具使用用途に好評で、病院や地方自治体、警察署、保育・介護施設など、災害時の拠点となる施設からの需要が増えている。

同社は、業務用ポータブル蓄電池として8製品をラインナップするが、太陽光発電パネルを組み込んだ蓄電池が販売の7割を占める。

(※全文:1294文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.