> > 滋賀県湖南市の自治体新電力、グリーンボンドで1.1億円を調達

滋賀県湖南市の自治体新電力、グリーンボンドで1.1億円を調達

こなんウルトラパワー(滋賀県湖南市)は、自治体新電力として初となるグリーンボンドを2月25日に発行した。この債券で調達された資金は、湖南市内の物流センター2件の屋根置き型太陽光発電設備(273kW、266kW)設置費用と小学校4校のLED化資金に充当する予定。

今回発行した「こなんウルトラパワーグリーンボンド1号」の発行額は1.1億円。発行年限は15年。特定の投資家を対象とした、私募型での発行となる。引受先は滋賀銀行(滋賀県大津市)。

このグリーンボンドの適格性・透明性を確保するために、第三者評価として、R&Iによる「R&I グリーンボンドアセスメント」において、グリーンボンド原則2018とグリーンボンドガイドライン2017年版に適合する旨のセカンドオピニオンを取得。最上位評価である「GA1」の評価を得ている。

(※全文:1144文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.