> > 東北電力、損保ジャパン日本興亜と提携 電力・空調・通信+BCP策定を支援

東北電力、損保ジャパン日本興亜と提携 電力・空調・通信+BCP策定を支援

東北電力(宮城県仙台市)は3月14日から、損害保険ジャパン日本興亜(東京都新宿区)などと提携し、事務所ビル・商業施設・工場等、法人顧客を対象に、ハード面とソフト面を組み合わせたBCP(事業継続計画)関連支援サービスの提案を開始した。

電気・空調・通信+BCP策定支援

まず、ハード面からのBCP対策支援は、東北電力でBCPに関する顧客のニーズを把握した上で、同社企業グループが災害発生時等の早期復旧を可能とする電気・空調設備や通信サービスの提案などを行う。

具体的には、BCP対策を考慮したエネルギーシステムの構築、設備導入費用負担を抑える設備受託サービス、各種クラウドサービスなどを提案。コンサルから資金調達、設備導入、設備の維持管理までをワンストップで提供する。

(※全文:872文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.