> > 三菱地所、2030年までにCO2を35%削減 SBT策定もコミット

三菱地所、2030年までにCO2を35%削減 SBT策定もコミット

三菱地所(東京都千代田区)は3月18日、脱炭素社会の実現に向けて、グループ全体の温室効果ガスの中長期排出削減目標を策定した。2017年比で、CO2排出の総量を2030年までに35%削減、2050年までに87%削減を目指す。

同社グループは、この目標の達成に向けて、積極的に新たな技術を採用し、環境性能の高い不動産の開発を進めるとともに、より一層、再生可能エネルギーの導入に取り組んでいく。

SBT策定もコミット

温暖化対策の新しい国際的な枠組みであるパリ協定では、世界共通の長期目標として、産業革命前からの平均気温の上昇を2度未満にすること(2度目標)が盛り込まれている。

今回、三菱地所は、この2度目標を達成するための科学的知見と整合した温室効果ガス排出量の削減目標である「Science Based Targets(SBT)」を策定することもコミットした。2019年夏までに、2度目標に整合した意欲的な目標を設定する企業を認定する国際イニシアティブ、SBTより認定を取得する予定。

(※全文:1141文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.