> > イスラエル・ルーツ社、「土耕の最適環境制御」を中国の植物工場に導入

イスラエル・ルーツ社、「土耕の最適環境制御」を中国の植物工場に導入

潅水システムや土壌(地中)の環境制御システムを開発するイスラエルのハイテク農業ベンチャー「ルーツ・サステナブル・アグリテクノロジー社(ルーツ社)」では、中国南西部の貴州省・貴陽市にて建設する植物工場について、同社が開発したシステムの導入が決定した。

ルーツ社では、植物における根の最適環境を維持させる技術を持つ。潅水システムによる水分量の調整だけでなく、地中内に設置した冷暖房システムにて、地温を最適な温度に調整することで、植物の成長を促進させることができる。


この記事は、たとえば

  • 農業・植物工場を運営する事業者にとって、海外の市場動向として参考になります。
  • 植物工場関連の製品・サービスを取り扱う事業者にとって、海外のニーズとして参考になります。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.