> > 再エネで企業価値をどう高めるか? 「環境ビジネスフォーラム」が開催

再エネで企業価値をどう高めるか? 「環境ビジネスフォーラム」が開催

日本ビジネス出版(東京都港区)は、5月17日に「環境ビジネスフォーラム 『再生可能エネルギー活用』と『企業の価値』~2019年度を政策・市場・技術の観点からみる~」を東京都千代田区で開催した。

同フォーラムでは、世界の潮流が脱炭素化への挑戦へと進み、国内でも再エネ主力電源化が掲げられるなか、使う側、作る側などさまざまな立場から2019年度の再生可能エネルギーをどう見るかが発信された。

「各地域にみる世界の太陽光市場と展望」と題した講演では、資源総合システム 太陽光発電事業支援部 大東 威司氏が、世界の太陽光発電市場の概況などについて解説。続く、「太陽光発電の遠隔監視とO&Mへの応用」では、TAOKE 取締役営業部部長 金澤 圭介氏が遠隔監視に役立つ安心、低コストなパッケージについて紹介、華為技術日本 スマートソーラ―事業部プロダクトマネージャーの佐藤 英也氏は「過積載300%:土地余りの低圧案件および500kW未満高圧案件をスマートソーラーソリューションで解決」で、新たなソリューションについて提案を行った。

(※全文:1150文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.