> > 都心部の高層オフィスビルでZEB Ready実現 エネルギー消費量約61%削減

都心部の高層オフィスビルでZEB Ready実現 エネルギー消費量約61%削減

大成建設(東京都新宿区)は4月4日、大阪府大阪市北浜エリアに、近畿産業信用組合(大阪府大阪市)の新本店ビルを完成させたと発表した。同ビルは、これまで都心部の高層ビルでは実現が困難とされていたZEB Readyを達成した。

同ビルは、「伝統×革新」のコンセプトを伝統を表す石と近代的なガラスで構成されたダブルスキンの外装で体現し、意匠性だけではなく、環境性能にも優れたZEB対応の都市型高層建物である。建築面積は658.76m2、延床面積は11,335.38m2。建物は、地上18階/地下1階/塔屋1階。

(※全文:939文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.