> > インク・化学大手DIC、工場5カ所に自家消費用太陽光発電 環境経営すすめる

インク・化学大手DIC、工場5カ所に自家消費用太陽光発電 環境経営すすめる

化学メーカーのDIC(東京都中央区)は4月11日、環境対策目標「2030年度までCO2排出量30%削減」の達成に向け、国内5事業所に合計1.5MWの自家消費用太陽光発電設備を設置したと発表した。これにより合計で年間900tの温室効果ガス(CO2)削減効果を見込む。

このうち、館林工場(群馬県館林市)には、今回の導入で最大規模となる約1.3MW分の設備を遊休地に設置した。また、他の事業所では、設置場所の規模に応じたパネルの配置と、地盤など設置環境に応じた設置工法を採用し、発電効率の向上と安定運用を実現した。

今回の設置事業所は、館林工場、千葉工場(千葉県市原市)、埼玉工場(埼玉県北足立郡)、四日市工場(三重県四日市市)、総合研究所(千葉県佐倉市)の国内5事業所。これらへの設置は、2018年1月に自家消費用の太陽光発電設備として国内最大級規模の設備(約1.6MW)を設置した鹿島工場(茨城県神栖市)に続くものとなる。また、館林工場は、鹿島工場に次ぐ規模となった。

(※全文:1032文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.