> > エンビプロ、「RE100工場」を実現 グループ全体で約17%が再エネ電力に

エンビプロ、「RE100工場」を実現 グループ全体で約17%が再エネ電力に

エンビプロ・ホールディングス(静岡県富士宮市)は、「RE100」目標達成の一環として、再生ゴムを製造・販売するグループ会社の自社工場が、5月1日から再生可能エネルギー電力(FIT電力含む)の供給を受ける「RE100工場」になったと発表した。

今回、同グループ会社の東洋ゴムチップ(群馬県前橋市)は、自社工場で消費する電力を、エナリス・パワー・マーケティング(EPM/東京都千代田区)が再生可能エネルギー(FIT電気含む)由来の電気を供給する「RE100メニュー」に切り替えた。これにより、再生可能エネルギー電力100%(FIT電力含む)のRE100工場となった。

また、同グループが事業で消費する電力は、約17%がRE100電力となり、RE100目標達成に一歩近づいた。

(※全文:1014文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.